今どきの若者が電話でスペルを説明する時に使う単語とは?

先週の木曜日に、こんなメールが届いた。

I noticed you have a very nice article mentioning the phonetic table and linking to a Wikipedia page on the NATO phonetic table.

ここで言っている「nice article」とは、以前書いたこの記事のことである。
電話でスペルを説明する時にどういう単語を使う?

で、このメールでは、最近の若者は、そもそもフォネティック・テーブルについてもあまり知らないらしく、電話とかでスペルを説明する時に、どうやって説明するかということが紹介されていた。。

スポンサーリンク

じゃあ、どうやって説明するのか。

そのメールによると、Googleのサジェスト機能でトップに出てくるワードを使っているらしく、その名も、「Google Phonetic Table」というらしい。

例えば、「F for Foxtrot」、「G for Golf」、「A for Alpha」ではなく、「F for Facebook」、「G for Google」、「A for Amazon」という感じ。

なるほど、確かに、そっちの方が今どきだな。

ちなみに、そのメールで紹介されていた以下の記事に貼ってあった2015年版の「Google Phonetic Table」とNATOのフォネティック・テーブルを比べるとこうなる。
The Phonetic Alphabet according to Google – 2015

NATO Phonetic Table Google Phonetic Table
A Alpha Amazon
B Bravo Bnak of America
C Charlie Craigslist
D Delta Decathlon
E Echo eBay
F Foxtrot Facebook
G Golf Google
H Hotel Hotmail
I India IKEA
J Juliet jetBlue
K Kilo Kayak
L Lima Lowe’s
M Mike Mapquest
N November Netflix
O Oscar Outlook
P Papa Pinterest
Q Quebec Quizlet
R Romeo reddit
S Sierra Southwest
T Tango (Google)Translate
U Uniform United States Postal Service
V Victor Verizon Wireless
W Whiskey Walmart
X X-ray XBox
Y Yankee YouTube
Z Zulu Zara

尚、上記はアメリカ、イギリス、ブラジル、スペイン、フランス、それぞれのGoogleの結果のうち、多かったものを選出しているようだが、バラバラだったものはアメリカのものが選ばれている模様。
確かに、たまに「ん?」というのも、チラホラある。

ちなみに、イギリスの場合、アメリカと違って、こんな感じになるらしい。

  • B for BBC
  • C for Currys(ヨドバシみたいな電器屋)
  • D or Daily Mail
  • J for John Lewis
  • K for KFC
  • L for Lloyds Bank
  • N for Next
  • P for Paypal
  • Q for Quidco
  • R for Rightmove
  • S for Sky
  • T for Tesco
  • U for Ucas
  • V for Very
  • W for (BBC)Weather

まぁ、概ね納得。
こっちの方がしっくりくるわ*笑

最近も、Dellのサポートに電話した時は、自分の登録番号とかポストコード伝えるのに、NATOのフォネティック・テーブル使ったけど、今度、機会があったら、このGoogleフォネティック・テーブル試してみよう。

Listening to “Panda Bear Meets The Grim Reaper” by Panda Bear
B00OVG4AUA

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA