カテゴリー : 英国国境局ニュース

日本国籍を持っていればヒースローでUK/EUレーンを使える日がくる?

今日は別にブログを書く気がなかったのだが、ふと大使館からメールがきていて、それが気になる内容だったので、紹介することにした。

一度でもイギリスに来た事がある人なら、あの待てども待てども進まない入国審査を経験されたことがあるだろう。
カウンターはたくさんあるのに、ちゃんと人が働いているのは限られており、その数少ない職員もちんたらだるそうにやっている。
ある時は、交代の時間になり、カウンターから全て人が消えたなんてこともあったそうだ。
(一応、警備員は残っていたそうなので、さすがに勝手に抜けることはできなかったそうだけど)

年に1回くらいであればまだ我慢できるが、頻繁に入出国する人はたまらない。

そんな人に朗報なのが、今回、英国内務省(Home Office)にて英国登録旅行者Registered Traveller)制度の試験運用が開始されたらしい。
続きを読む

イギリスで働きたい人必見!政府公認の人材不足職業リスト公開

イギリスでビザを取得するには、いくつか方法があるが、その中で、Tier 2 ビザは、イギリスで働くための一般的な労働許可という位置づけのビザである。

このTier 2ビザは、ビザ発行対象の人を雇う雇用主が、政府から与えられるスポンサーライセンスを持っている必要がある。

さらに、EU圏外の人材がこのビザを取得するためには、イギリス国内で人材が不足している職種であることが条件の1つになっており、たとえ目の前に、求める人材がいるとしても、その人がEU圏外の国籍を持つ場合、1ヶ月間人材募集の広告を出して、求める人材が得られなかったという証明が必要になってくる。

これは、言うまでもなく、イギリス人の雇用を守るための措置である。

ただ、逆に言うと、イギリス国内で不足している職種で専門性を持っていれば、それはつまりビザを取得するチャンスがあるということである。

そして、最近になって、イギリス国内で人材が不足している職種の政府公認リストが公開された。
続きを読む

スポンサーリンク

[必見] なぜイギリスのビザ申請/延長にTOEICとTOEFLが使えなくなったのか

既に日本でもニュースになっていると思うが、先日、イギリスのホームオフィスは今月初旬に切れたETS(TOEICおよびTOEFLのプロバイダ)との契約を更新しないという方針を発表した。

イギリスでビザを申請するためには、ホームオフィスが指定したプロバイダが提供する英語の試験の基準値以上のスコアの提出が求められる。

この発表は、つまり、イギリスのビザ申請(延長も含む)に、TOEICおよびTOEFLのスコアが使えなくなることを意味する。

そして、これは既に提出済みのビザ申請にも適用される見通しで、ETSが提供するスコアを利用している申請の審査は一時中断されているようだ。

これらの申請についての対応方針はまだ正式に発表されていないようだが、恐らく別の試験の再受験を求められることになりそうである。

では、どうしてこのような厳しい処分となってしまったのか?

それは、BBCが今年2月に放映された、とある調査結果が背景にある。
続きを読む

イギリスのビザ申請フォーム変更のお知らせ

本日、もう一つ英国国境局(UK Border Agency)からお知らせ。

いくつかのビザ申請フォームが本日(2013年10月1日)から変更になっているので、これからビザ申請予定の人は、新しいフォームを利用する必要があるので注意。

一応、10月22日までは、旧申請フォームでも受け付けてくれるようだが、担当者によっては跳ねられる可能性もあるし、余計な面倒を起こさないためにも、新しいバージョンのものを使った方が無難だと思う。

今回、変更があったフォームは以下の通り。
続きを読む

[速報&重要]イギリス移民法改定のお知らせ

以前から告知されていたようだが、本日(2013年10月1日)から、イギリスの移民法(Immigration Rule)に加えられたいくつかの改定が有効になった。

英国国境局(UK Border Agency)によると、今回の変更は、イギリスにおけるビジネスおよび労働者にとっては、プラスになるとのこと。

また、旅行者やビジネスで訪英した人たちにとっても有益な変更のようである。

主な変更内容は以下の通り。
続きを読む

UKで働きたい人には追い風?中小企業向け外国人雇用サポートが開始

英国国境局(UK Border Agency)によると、本日(2013年9月23日)から、イギリスの中小企業を対象とした外国人雇用のためのオンラインサポートが期間限定で開始された模様。

Pilot launched to help small to medium business | UK Border Agency

このオンラインサポート、グレーター・ロンドン(Greater London Authority, GLA)、つまりロンドンの行政と協力して、とりあえず3ヶ月の試験導入という形で運用されるらしい。

以下が該当サイトのようなので、気になる人は要チェック。
www.London.gov.uk/sme-visa-support

このサービスが具体的に何なのかと言うと、イギリスの中小企業(small and medium sized businesses、SMEs)が、ビジネスに必要な人材を海外、つまり欧州圏(European Economic Area、EEA)外から採用する際に必要な情報を提供することが目的のようである。
続きを読む

イギリス市民権と永住権の申請条件に英語スキルが追加

英国国境局(UK Border Agency)によると、今年(2013)年10月28日から、イギリス市民権と永住権取得条件が変更になる模様。

Changes to ‘knowledge of language and life’ requirements and application details | UK Border Agency

これまでは、Life in the UKというイギリスの歴史やら、文化やらを一通り網羅したテストを受験し、合格するというのが条件だった。

しかし、来月28日から、それに英語のスキルも追加になるということだ。

具体的には、「スピーキングとリスニングについて、CEFRのB1レベル以上の資格、もしくはそれ相当のスキル」が条件になるらしい。

では、CEFRとは何か?
続きを読む