DIYボートで釣りに出かけた結果・・・

今週のMETRO(今週もDaily Mail。なんか最近全然Metro引っかからない・・)(第163回)。

イギリスでは、自分で古い家を修理したり、改築したりするのが割りと普通で、DIY(Do it yourself)という。

そして、イギリス人はDIY精神に満ち溢れており、なんでもかんでも自分でやろうとする。

今回、記事になったのは、DIYでボートを作ってしまったという話だが、当然それだけでは終わらない・・・

スポンサーリンク

The Essex boys who had to be rescued after they set to sea in £9 DIY boat made out of foam insulation

(今週はDaily Mailより)

今回舞台になったのはエセックス州のJaywickというロンドンから100キロほど東に行った海岸沿いのリゾート地。

あるヒマを持て余した若者二人が、木材を買ってきて、それをボンドでくっつけて釣り船をこしらえた。

その総額9ポンド。安い。
そして、その二人は、無謀にもライフジャケットもなしで(しかも泳げないらしい)、その船に乗り込み、釣りを楽しんでいたようだ。

しかし、海岸から200ヤード(183メートル弱)離れたあたりで、オールがポッキリと折れてしまい、自力で戻れなくなり、結局999(日本で言う110とか119番に相当する緊急通報用番号)に電話するハメになったらしい。

幸い、レスキュー隊に無事救出され、事なきを得たようだが(DIYボートは壊された)、まぁ、レスキュー隊からすると、はた迷惑な話である。
(ちなみに、今回の収穫は、ドッグフィッシュ1匹, タラ2匹にカニ3匹)
記事によると、救出された後に、(一応反省はしていたようだが)ドラッグとか犯罪に走るより、マシだろ?と開き直っていたようだ。

まぁ、確かに、そう言われれば、こっちの方がまだ健全かもしれない。

尚、この二人、懲りずに次の計画を練っているようだが、次はエンジン付きにする計画のようだ。

やれやれである。

Listening to “無音”

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。