電子辞書(2)

(注: この記事は2015年12月に旧ブログ「Dance Dance Dance – イギリス生活奮闘記 -」から移植した記事です)
「電子辞書」の続き。

さきほど、価格ドットコムで、最安値のXD-GT9300を、ようやく購入した。

お値段、34,020円(税込み)なり。

スポンサーリンク

始めは、ヤフオクで29,800円のやつを狙って、昨日入札しておいたのだが、さきほど終了1時間くらい前に、やたらヒートアップしてどうやら36,000円で落札されたようである。

前々からちょくちょくヤフオクでチェックしていたのだが、どうも価格コムより安い値段では買えないことが分かってきたので、見切りをつけて価格コムで購入。

送料無料だし、いいかなということで。
あとはロングマンと歴史もんの追加コンテンツと、マクミラン英英辞典をゲットするのみ。

ちなみに、マクミラン英英辞典は、Webサイトを見ると、コンパクト版がアメリカ版しかないようで、でかくてもペーパーバック版のイギリス版を買うか、持ち運びを重視してコンパクト版を買うか悩み中。
(またか)
尚、sekkyさんの電子辞書のサイトにある掲示板過去ログの、 5月3日(金)12時16分35秒の書き込み(タイトル「MED」)にマクミランの記述があり、参考になる。
(ちなみに、この掲示板、他の辞書に関しても説明が載ってるので、色々と参考になるはず。)

しかし、これだけ悩んだだけあって、到着が待ち遠しい。

追加コンテンツでパワーアップさせて、自分好みにバリバリチューニングしたるぞーー!!!(←既に目的が間違っている)

(移行にあたっての一言コメント)
「電子辞書(1)」の最後にも書いたけど、語学留学レベルだと、イギリス英語、アメリカ英語、気にする必要ないっす。
(このレベルで、その違いが何かを左右することはない)
ちなみに、この電子辞書は今でも、子供たちの宿題のお手伝いをする時に活躍していたりする*笑

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA