[勝手にGreen Man 2013特集] Unknown Mortal Orchestra

II” by Unknown Mortal Orchestra
B00A812HOS

勝手にGreen man festival 2013特集、22番目は、ニュージーランド出身のUnknown Mortal Orchestra

2010年結成で、2011年にデビューアルバムを出し、つい最近上のセカンドを出したという比較的新しい3人組のバンド。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Melody’s Echo Chamber

Melody’s Echo Chamber” by Melody’s Echo Chamber
B008SVRYXE

勝手にGreen man festival 2013特集、21番目は、パリ出身のMelody’s Echo Chamber

これまで紹介してきたバンドとは打って変わって、美しいメロディ嬢(Melogy Prochet)のプロジェクト。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] James Yorkston

I Was a Cat from a Book” by James Yorkston
B00861J3S0

勝手にGreen man festival 2013特集、20番目は、スコットランド出身のJames Yorkston

Green Manのサイトによると、2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2011, そして今年2013と、通算8回目の出演となるらしく、かなりGreen Man常連のようだ。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Archie Bronson Outfit

Der Dang, Der Dang” by Archie Bronson Outfit
B000E8NQZ4

勝手にGreen man festival 2013特集、19番目は、ロンドン出身のArchie Bronson Outfit

3ピースのオーソドックスなギター・ロックバンドで、音的にはサイケ、ガレージ、ブルースなテイスト。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Steve Mason

Monkey Minds in the Devils Time” by Steve Mason
B00AQSF3JE

勝手にGreen man festival 2013特集、18番目は、スコットランド、エジンバラ出身のSteve Mason

上のリンク先のAmazonの商品説明読んでて気付いたのだが、この人、解散したThe Beta Band(結構好きだった)のボーカルだった。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Johnny Flynn & The Sussex Wit

Been Listening” by Johnny Flynn
B0041X91EI

勝手にGreen man festival 2013特集、17番目は、ロンドン出身のJohnny Flynn & The Sussex Wit

もともと、The Sussex Witというバンドの一メンバーだったらしいのだが、出世してそのバンドのフロントマンとなり、バンド名もJohnny Flynn & The Sussex Witとなったようだ。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Stornoway

Tales from Terra Firma” by Stornoway
B00B1BXWIO

勝手にGreen man festival 2013特集、16番目は、イギリス、オックスフォード出身のStornoway

下のYoutube観た瞬間、大学時代の後輩にこんなやついたなぁと思い出してしまったのだが*笑、それはどうでもよくて、基本的にポップな感じ。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Phosphorescent

Muchacho” by Phosphorescent
B00AYR2FQ6

勝手にGreen man festival 2013特集、15番目は、ニューヨーク出身のPhosphorescent

かすれ気味の声がいい感じ。ゆる目で美しい曲が多い。
聴いてて、なんとなくボブ・ディランを思い出してしまった。

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Fuck Buttons

Tarot Sport” by Fuck Buttons
B002L132R4

勝手にGreen man festival 2013特集、14番目は、UK、ブリストル出身のファック・ボタンズ(Fuck Buttons)。

これまで特集してきたジャンルとはガラッと毛色が変わって、ズンズンくるような重低音。
酔っ払って、深夜に頭ガンガン振りながら、聞くには持って来いの音楽だが、まぁ子連れで聞くような音楽ではないな*笑

続きを読む

[勝手にGreen Man 2013特集] Kings of Convenience

なんか、今日Green Manのサイト見たら、ラインナップのページの順番変わってるし。。
せっかく、上から順番にやってたのにーーー

と文句言っても仕方ないので、気を取り直して、2番目に出現したこの二人組みを。。
(追記:どうやら金曜のヘッドライナーらしい)

Riot on an Empty Street” by Kings Of Convenience
B00026W82U

勝手にGreen man festival 2013特集、13番目は、ノルウェー出身のキングス・オブ・コンビニエンス(Kings Of Convenience)。

ポップでアコースティックなデュオなのだが、サイモン&ガーファンクル的なハモりが美しい。

続きを読む

return top