Green Man Festival 2012 初参戦!!

(注: この記事は2013年8月に旧ブログから移植した記事です)

Twitterでも書いた通り、先週、Green Man Festivalに行ってきた。

Green Man Festival 2012 - 入り口

Green Man Festival 2012 – 入り口

今年で10周年となるGreen Man Festival

場所は、WalesのGlanusk Parkというところ。

ロンドンから車で、ノンストップで行ったら、3時間くらい?(と、Google Mapさんが申しております)

スポンサーリンク

フェス自体は、ほどよい規模で、移動距離も少なめ。

人もそれほど多くなく、なんと言っても、キャンプサイトのスペースに余裕がある!

これが、一番うれしかったかもしれない。

Green Man Festival 2012 - キャンプサイト

Green Man Festival 2012 – キャンプサイト

このフェス自体、ファミリー・フレンドリーなところを売りにしてるところもあって、シャワーも結構あるし、トイレもきれいだし、子供を遊ばせるキッズ・エリアも充実していて、家族連れには最高。

キャンプサイトも、半分くらいが、ファミリーと障碍者向けに割り当てられている。

グラストは、あんなに馬鹿でかいのに、これでもかというくらい人を詰め込んでるので、キャンプサイトがギュウギュウで、かなり窮屈だったのに比べて、今回は金、土あたりでも、かなりスペース余ってたし、日曜日は当日帰る人が割とといるので、午前中に撤収準備する人も多く、スカスカ。Good。
それで、今回は、木曜から乗り込んで、月曜日までキャンプしてきたのだが、天気があいにく、というかかなり悪かったため、久々にMuddyなフェスを体験することになった。

木曜日はまだ良かったのだが、特に金曜日、かなり雨が降ったので、下がドロドロになってしまい、それを皆が踏みならして、ぬかるみ具合がどんどん増していき、土、日も、結構雨降ってたので、ちょっと泥がつらい感じに。
(通りすがりの人が、Green Manじゃなくて、Rain Manっつった方がいいんじゃないの?と言ってて、思わず座布団一枚上げそうになったけど*笑、そう愚痴りたくなるくらい)

酷いところは、2007年に初めて参戦した、史上最悪のドロドロ状態を思い出すぐらいだったかも。
(まぁ、あの時のグラストの方がもっと酷かったけど)

自分達だけならいいのだが、子供二人を乗せたバギーを押すとなると、さすがにきつい。

ましなところを選んで移動するようにしていたが、どうしても避けられない場所は、ぬかるみを突っ切るしかなく、あそこら辺は、もっと泥対策して欲しかったなぁと思う。
(グラストでもおがくずよく巻いてるけど、あれで大分ましになったりする)

天候と、そういうのもあって、あまりアクティブに移動する気になれず、今までのフェスで、一番観たバンドの数少ないかもしれない*笑
基本的に、午前中、テントでダラダラ、午後、適当に散策しながら、子供を遊ばせ、2,3バンド観れたらよし。(しかも部分的に)

そして、夕方テントに戻って、ご飯食べさせ、寝る準備を整え、バギーに乗せ、寝かしつけ。

これでやっと自分達の時間になる。

結局、メインステージの高台から、椅子に座って、酒飲みつつ、最後の2バンド観れたら、OKという感じ。

しかも、最後眠くなって、途中でテントに戻ってきたりしてたし*笑

ちなみに、高台からの眺めはこんな感じ。(注:これは木曜の写真だが、次の日はもう泥・・・)

Green Man Festival 2012 - メインステージ

Green Man Festival 2012 – メインステージ

人も多くないので、結構快適に観れるのがいい。

あと、このフェスの一番最後に、下のGreen Manを燃やすという儀式?(ほんとにどこかの原住民の何かの儀式みたい)があり、申し訳程度の花火が打ち上げられる。

眠かったけど、せっかくなので、一応最後まで観ておいた*笑

Green Man Festival 2012 - グリーンマン

Green Man Festival 2012 – グリーンマン

ちなみに、今回、かろうじて観たバンド。(観た順)
Friday

  • Erros
  • Stephen Malkmus & The Jicks
  • Mogwai

Saturday

  • Emperor Yes
  • Yann Tiersen
  • Metronomy

Sunday

  • Alt-J
  • Three Trapped Tigers
  • The Walkmen
  • Feist

こうしてリストアップしてみると、驚くほど観れてないな*笑 何しにいったんだという感じ。。

まぁ、子供達とキャンプに行ったという方が正しいか*笑

その分、普段よりも、かなり子供達と時間を過ごせたし、向き合うことができたかなぁと。

昼間っから、酒飲んで、自然と音楽の中でゆったり時間を過ごせるというのが、フェスの醍醐味なわけで、そういう意味では不満はない。不満は天気だけ。。
ちなみに、今回観た中で、おっと思ったのは、Three Trapped Tigers

全然ノーマークだったのだが、直前に、これいいよと聞いて行ったのだが、これがあたり。

すげーかっこよかった。これはお勧め。

あと、Alt-Jは、時間帯の割りに、かなり人が入ってて盛り上がってた。

確かに、人気出そうなキャッチーな曲が結構あったし、これも今後注目。

他には、個人的に楽しみにしていた、Yann Tiersen
映画アメリのサントラを手がけたといえばわかるかもしれないが、独特の世界観で、ゆったり聴けたし、これは良かった。

ちなみに、Mogwaiは、酒飲みながら、目つぶって頭振ってたら、眠くなってきて、半分寝ちゃって、あまり覚えてない*笑
というわけで、今回初参戦のGreen Man Festival

期待通り、Goodなフェスだった。特にこの規模感が最高。

もうこれを味わってしまったら、グラストはもうええかな・・・となってしまう。

特に今回のようなMuddyな状態になったら、とてもグラストの規模では子連れでの移動不可能。

まして、グラストの場合、観たいバンドが色々ありすぎて、それなのに行けないというストレスを味わうこと間違いなし。

なので、当分(子供が大きくなるまで)、グラストはないかなぁと。

その分、Green Manは毎年参戦Mustなフェスになりそうだ。

子連れにはかなりお勧めフェスなので、UK在住で、子連れでフェス行きたいなぁと思っている方は是非。

子連れじゃなくても、ゆったりフェスを満喫したい方は是非。
最後に、お得な情報。

Green Manでは、下のようなトローリーを駐車場でレンタルできる。いいサービスだ。
(皆、やたら同じトローリー持ってんなぁ、と思ってたら、レンタルしてた)

Green Man Festival 2012 - トローリー

Green Man Festival 2012 – トローリー

50ポンドのデポジットを最初に払って、30分毎に5ポンド、チャージされる。(返却時にデポジットから差っぴかれる)
なので、なるべく時間をかけずにいきたい。

最初知らなかったので、手間取ってしまったが、一番いいのは、まず最低限の荷物とテントを持って、入場を済ませ、テント設置候補地を見つけてから、駐車場に戻り、レンタルして、残りの荷物を一気に運んで、すぐに返却するという方法。来年は是非これでトライしてみようと思う。(まぁ、でも、30分は無理か)
あと、自分の携帯はO2だが、まったくネットに接続できなかったので、Twitterも全くできなかった。

まぁ、その分携帯をあきらめたので、逆にフェスに集中することができて、逆に良かったかも。

これは別にお得というわけではないが、一応、メモとして書いておく。

Listening to “Numbers: 1-13” by Three Trapped Tigers
B006X0FV14

スポンサーリンク
Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

 

return top