イギリス人は皆病欠?

本日のMETRO(第134回)。

今日は、イギリスの職場における病欠の話。

経験的に、イギリスでは、日本に比べて、病欠の数が多いような気がする。

今回の調査で、イギリスの職場で、どういう理由で、どのぐらい病欠が取られているのかが明らかになった。

スポンサーリンク

Workers ‘spend almost year-and-a-half of career on sick leave’

(ペーパーのタイトルは「Workers go sick for a year during career」)

記事によると、45年間のキャリアの中で平均360日もの病欠を取っていることが調査の結果判明した。

1年のうち、営業日がだいたい252日だから、生涯で、合計約1年半程度の病欠となる。

病欠の理由のトップ5は以下の通りである。

  1. ストレス/うつ
  2. 腰痛
  3. ひどい片頭痛
  4. 耳の感染症
  5. インフルエンザ

うーん、なんとなく、分かるなぁ。。

マネージャとしては、それがどんなに仮病くさくても、何も言えない。

「お大事に」というしかないのである。
ただ、結局、こういうのって信頼関係で成り立っているので、そこに疑問を持つこと自体、よろしくない。

逆に日本では、周りの目を気にして、がんばっちゃう人が多いので、余計症状が悪化し、体を壊すケースが多いのではないかと思う。

「相互監視社会」とはよく言ったもので、本当にこれが日本の職場環境のガンなのではないだろうか。

特に無駄なサービス残業なんて、その最たるものだと思う。
ほんと、健康が一番、ですよ。

Listening to “Silfra” by Hahn Hauschka
B007FOV0UI

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。