福岡が新たな日本の玄関口に

本日のMETRO(第75回)。

今日の一面は、ブルーな内容だったので、何か代わりにめぼしい記事はないかなぁと探していたら、かなり後ろの51ページにKLMの広告記事で、福岡が紹介されていたので、いつもとはちょっと趣向が違うが取り上げてみようと思う。

タイアップ記事だからなのか、オンラインの記事が存在せず、今回は、ペーパーのタイトルのみ。
Fukuoka: the gateway to Japan

今回の記事、最近、オランダの航空会社KLM(今年1月に日本に帰った時に使って、雪で乗り継ぎ逃して大変な目にあった)がヨーロッパで初の福岡への直行便を就航したことを宣伝するための特集記事で、別に福岡が今熱い!というわけでなく、あくまでKLM使って、福岡行ってみようぜ!的なノリである。

こちらの人からすれば、「Fukuoka?どこそれ?」ぐらいの勢いだし、記事中では、「the rest of Japan」なんて紹介されているくらいなので、知名度は東京、大阪、京都あたりと比べると格段に落ちる。

なので、福岡出身の自分としては、こうやって、イギリスのタブロイド紙で1ページほぼ丸ごと使って福岡が紹介されているというのは、なんだかうれしいようで、こっぱずかしい気もする。。
(といいつつ、記事の後半は、なぜか京都の紹介になっているのだが*笑)

ちなみに、どう紹介されているかというと、こんな具合である。

スポンサーリンク

(Metro 2013年5月1日版より抜粋)

Fukuoka, like the rest of Japan, is a combination of contrasts – the perfect fusion of ancient traditions and culture with futuristic, world-leading modernism.

そんな持ち上げんでも・・という感じだが、まぁKLMとしては、これを機に福岡行って欲しいわけなので、当然と言えば当然か。

その直後に、以下のように紹介があり、読めば分かるが、日本はあくまでアジアの中の一部であって、ソウルや上海に近いという紹介のされ方となっている。
(Metro 2013年5月1日版より抜粋)

This cosmopolitan city on Kyushu, the closest of Japan’s four main islands to the Asian mainland, is an historic gateway to Japan, with Seoul and Shanghai among its close neighbours. However, it is now a modern gateway too.

深読みすると、アジアに近いという地の利を生かして、グローバルに考えた時に、福岡に対して、これからの重要なアジアの拠点(ハブ)としての可能性を感じ、KLMがいち早く目をつけて、これから開拓していこうという意気込みが感じられる。

今や、東京よりも、ソウルの方がアジアのハブ空港としての地位を確固たるものにしているが、グローバルに見た時に、意外と福岡にはそういう地の利を生かした可能性が秘められているのかもしれない。
(ソウルからは、東京から飛んでいないようなアジア、ヨーロッパの各都市への直行便が数多く存在する)

なので、福岡は、カワイイ区なんて、わけの分からないこと言ってないで、こういう方面で、もっと外に目を向けて、アピールして行った方がずっと存在感を高められると思うし、食やファッションなど、東京に負けないくらいの素材は持ち合わせていると思うので、都市としてのポテンシャルはかなり高いと個人的に思うのだが。
ちなみに、今年1月に日本に帰った時は、今回初めて東京をすっ飛ばし、関西で降りて、それから相方の実家である徳島と自分の実家がある福岡を往復した。

で、天神でショッピングとラーメンを満喫した時に思ったのが、東京行かなくても、福岡で十分だな、ということ。

なので、KLMのような、福岡へ直行便を飛ばそうとしてくれるような航空会社が現れたのは喜ばしいことだし、「やっぱ、儲かんないし、やーめた」とならないように、福岡ももっと受け入れ態勢を整え、外へアピールすべきだと思う。(自分が知らないだけで、やってるかもしれないが)

そうすれば、他のヨーロッパの航空会社も追従してくるかもしれないし、もっと便数が増えて、飛行機代が安くなって、言うことなしである。(それかい*笑)

さらには、地の利を活かして、日本におけるアジアの玄関口として移民を積極的に受け入れていけば、インターナショナルな都市としての存在感も増してくるのではないかと思う。

福岡、ポテンシャルたけぇ!*笑
尚、「食」という観点で言うと、上の記事でも、福岡の「食の都」としての顔も紹介されている。
(Metro 2013年5月1日版より抜粋)

Foodie capital: Fukuoka is best known for its yatai food stalls serving yakitori chicken, oden hot pots and tonkotsu ramen. It is very much Japan’s street food capital.

個人的には、モツ鍋も入れておいて欲しかったが、こっちの人はそもそも内臓系食べないので、あまりポイントにならないのだろう。。

ちなみに、最近のロンドンでは、とんこつラーメンがブームで、かなりの数の(自称)とんこつラーメン屋が出店しているが、なかなかセンターに足を運ぶ機会がないので、行きそびれている。

ただ、噂によると、「うーん・・」というのが残念ながら多いようだが。。
と、色々書いたが、福岡出身者としては、こっちで出身どこ?と聞かれて、堂々と「福岡」と答えられるような存在になって欲しいと思うわけである*笑
(現状、「うーん、日本の西の方で福岡ってとこ。知らないよね?」という感じのトーンで答えているので。。)

がんばれ、福岡。

Listening to “Unknown Mortal Orchestra” by Unknown Mortal Orchestra
B004XD042E

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。