トム・ヨークがSpotifyに対抗してAtomsのライブ映像をsoundhaloで公開

今日も、音楽ネタということで、こちらで出張版本日のMetro。

Atoms For Peace to broadcast London Roundhouse gigs on soundhalo app
(ペーパーのタイトルは「Yorke will stream gigs for £9.99 in new Spotify snub」)

水曜日に、レディオヘッドトム・ヨークThom Yorke)が、アトムス・フォー・ピースAtoms For Peace)ならびに彼のソロ・アルバム「The Eraser」をSpotifyのライブラリから引き上げたという記事(「トム・ヨークがSpotifyから撤退した件についての考察」参照)を書いたばかりだが、新たなトム・ヨークのSpotify対抗策が明らかになった。

なんでも、来週予定されているロンドンのRoundhouseでのアトムス・フォー・ピースのライブの模様をsoundhaloというライブ・ストリーミング・サービスで公開することにしたらしい。

そもそも、soundhaloとは何か。

スポンサーリンク

これは、自分もこの記事で初めて知ったのだが、ライブの模様を高品質で楽しめるという、つい最近開始されたブラウザ・ベース(今のところ、専用アプリはない)の新しい音楽サービスである。

そして、このサービスのウリは、ライブの模様を、ほぼリアルタイム(実際はライブ終了直後)で堪能でき、PCやモバイルなどで色々なデバイス上で楽しめるところにあるようだ。

なので、ブラウザ上でも楽しめるし、DRMフリー(つまりどこぞのメーカーと違って再生プラットフォームを制限するために変な暗号化処理が施されていない)のファイル・ダウンロードが可能なので、例えばiTunesや他のアプリでも再生可能なのである。
アトムス・フォー・ピースのメンバで、レディオヘッドのプロデューサでもあるナイジェル・ゴッドリッチ(Nigel Godrich)は、「ギグの翌日には、ひどい音質かつ揺れまくりのライブ映像がYouTubeに山ほどアップロードされているのが不思議で仕方ない。だって、君たちは自分の目でライブを観るために行ったんじゃないの?」という発言をしている。

つまり、このsoundhaloという音楽サービスは、「ライブ映像はちゃんとしたやつを提供するから、デジカメで安っぽい映像を撮影するより、ギグそのものに集中してよ」、というある種の提案でもある。

これは、確かにその通りで、昔は自分もよくギグに行っては、デジカメで映像撮って、YouTubeにアップするというのをよくやっていた。
(最近はギグの映像はおろか、写真もほとんど撮らなくなったけど。)
尚、このサービスの第1号は、今年5月17日にロンドンのO2 ブリクストン・アカデミー(O2 Academy Brixton)で行われたAlt-Jのライブのようだ。

試しに、ログインして(FacebookかGoogle++のIDが必要)、中身を見てみたが、1曲あたり、£0.99、ライブ全体のフルバージョンだと、アーティストによって違うようだが、Alt-Jの場合、£9.99、来週のアトムス・フォー・ピースの場合、£9.99で購入可能のようだ。

1曲毎に、30秒の視聴が可能なので、実際どんなものか見てみたい人は、ログインして視聴してみるといいかもしれない。

ちなみに、Webサイトによると、2013年7月19日現在、ブラウザは、IE10以上、もしくはSafariかChromeのみ対応しているようなので、注意が必要。
(一応、他のブラウザへも鋭意対応中と書いてあるので、そのうちメジャーなブラウザは対応すると思うけど)
今のところ、まだマイナーな存在なので、こういった形のサービスがユーザに受け入れられるかどうかは、どのぐらいのアーティストが乗ってくるか次第か。

個人的には、10ポンド払って、ライブのフルセットを観たいかと言われると、うーん・・・という感じ。

ライブは文字通り「」で観るからいいのであって、よほど好きなアーティストでない限り、行ってもいないギグの映像をあえてお金払って観たいとは思わないし、買っても結局ほとんど観ない気がする。(買って満足の世界)

特に、モバイルなんぞで観ても、全然迫力ないだろうし。

逆に、自分が行ったギグの映像を、「記念」に買うという需要はあるかもしれない。
(ライブ後に買うTシャツのように)

というか、むしろ、そっちの方が多いのではないだろうか。
・・で、今この記事を書いていて、ふと、ほぅ、来週Atomsのギグ、Roundhouseでやるのか、相方と子供いないし、チャンスではないか、どれどれ・・と試しにSeeticketのWebサイトをチェックしてみたが、当然のごとくSold out。

しかも、お値段£54.45。。

高っ!!!

サイトのコメント欄でも、マジ?高過ぎ!みたいな非難の声がかなり挙がっているようだが、トムさん、がっつり取りますね。。

メンバがメンバだけに高くつくんだろうけど。

Listening to “Weight of Your Love” by Editors
B00CN1SROA

スポンサーリンク

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

 

return top