車をぶつけられ、そしてGabyも負傷・・・

今日から早くも10月。残すところ、今年も3ヶ月。

さすがに、ここイギリスではどんどん日が暮れるのが早くなってきたのだが、昼間は相変わらず暖かく、20度を超えているというかなり珍しい状況。

が、どうやら、それも今週で終わりそうな予感。そして、あっという間に冬に突入するんだろうな。

と、そんなことを考えていると(いや、別に考えてなかったけど)、相方から一通のテキストが届いた。

車ぶつけられた。黒人のおぢさんに。

スポンサーリンク

おいおいおい、マジか。

慌てて、電話すると、どうやら、それほど大したことはなく、後ろのバンパーの右側が擦れた程度らしい。

どうも、駐車場からバックで出ようとしたところ、通り過ぎたと思った車が、その前に車が来たか何かで、急停止し、いきなりバックしてきて、避ける間もなく・・という感じだったようだ。

後で聞いた話だと、慌てた相方は、どうしようと一瞬パニクったらしく、ぶつけた車もそのまま前に進んで行こうとしていたらしかったのだが、たまたま居合わせたママ友が自分の車を降りて、「私行ってくる!」とダッシュして、その車を止めたらしい。

なんと、心強い。。。
話によると、相手の車はベンツ、運転手は黒人の男性で、対応は割りと紳士的だったようだが、どうも息子が過去に3度も事故って、保険のプレミアムを戻すのに7年もかかったらしく、できれば保険を使いたくないから、自腹で修理費を払いたいと言ってきたようだ。

で、一応、車のナンバーを写真に撮り、電話番号を聞いて、その場は一旦終わり。

本来であれば、免許書も写真にとっておくべきだったのだが、仕方ない。

まぁ、とりあえず特に怪我とかもないようだったので、やれやれと電話を切った。
・・・が、その1時間半後に、またテキストが届いた。

なんかGabyも負傷。ちょっと早く帰ってきて。

は?マジか!さっきの事故で?

またまた慌てて、電話すると、どうやら先程の車の事故とは全く関係ないらしく、学校で怪我をしたらしく、右腕が痛くて動かせない状況の模様。

すぐにGPに電話したらしいが、さすがにその日に診てもらうのは難しいらしく、あまりに痛そうだったら、A & E(救急病院)に行けという指示。

さすがに心配になり、会社を早退し、帰宅。
で、帰ってすぐにGabyの症状をチェック。

本人に聞いても、うまくその時の状況や今の症状を答えられず、要領を得ない回答しか返ってこないのだが(元々、学校のことを聞いても、「さぁ」とか「覚えてない」とか言うやつなので)、色んな角度から問診し、どのくらい手を動かせるか確認しつつ、触診する。

結果、A & Eに行くほどの重症ではないと判断。
経験上、折れてたり、ヒビが入っていたら、この程度の痛みでは済まないはず。

それに、どうせ、このくらいの症状でA & Eに行っても、待たされるだけ待たされた後に、自分がやったのと同じような問診をして、とりあえず今日は冷やして様子を見ましょうと言われるのがオチなので、一晩様子を見ることに。

幸い、ひどい腫れもなく、時間を置いたら、徐々に本人も元気を取り戻してきたので、大丈夫かなと。
そんなわけで、本当は、昼間の事故の後に、すぐに、ママ友が知ってるガレージに修理費の見積もりを取りに行く予定だったのだが、結局明日になってしまった。

災難な一日だったが、まぁ、どちらも大したことなくて良かった。
ちなみに、今日助けてくれたママ友も、今日、横を通り過ぎた自転車にドアミラーをガンとぶつけられたらしいが、そのままシューっと行ってしまったらしく、渋滞中だったので、どうしようもなく泣き寝入りするハメになったらしい。

あと、その友達も、以前ぶつけられた時に、「今ぶつかったよね?」とぶつけた相手(おばさん)に行ったら、「Did I?」(え、そう?)とトボけたことを言い放ったらしい。

自分も”イギリスでは”、ぶつけられたことはないのだが、周りの話を聞く限り、やはりこの手の事故は誤ったら負けだなというエピソード満載である。

特にここイギリスでは、その傾向が強いので、どんなに自分が悪くても、決して誤ったりしないように注意が必要だ。
ちなみに、以前、スーパーの駐車場で、よその車にぶつけてるのは目撃したことはあるが、その時も何事も無く、”その車の隣に”止めて、平気で買い物しに降りていった。

その時もおばさんだったのだが、イギリスのおばさんのふてぶてしさは凄いものがある。
とりあえず、今回は被害者側なので、とりあえず取り漏れのないよう、しっかり直して、しっかり代金を回収したいと思う。

その後の状況はまた後日報告するのでお楽しみに。(というのも何だけど)
車といえば、真っ先にこのジャケットを思い出したので久々に。
Listening to “All Or Nothing” by Subways
B0019I16A0

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA