今度は雨?夏の大混乱・日本への一時帰国レポート(ロンドン出発編)

ツイッターではリアルタイムで実況したが、またしてもKLMの乗り継ぎにやられた。

そして前回と違い、今回は中継地点のアムステルダムで、しかも空港で一泊をすることになり、なかなかサバイバルな経験ができたので、忘れないうちに、今回も何回かに分けてレポートしてみようと思う。

と、その前に、これを機に前回の記事を移行して、読み直してみたのだが、今回思っていたことと全く同じことが書いてあったりしたので、笑えたのと、これを読んでおけばなぁということもあったので、記録とは大事だなと思ったりした次第である。

念のため、リンクを貼っておく。

スポンサーリンク

で、今回、夏だし、さすがに雪はないので、大丈夫だろうとは思っていたが、最近の一連の航空機事故のこともあり、漠然とした不安はあった。

が、この日のロンドンは天気もよく、20度半ばくらいのいい感じの日だった。

今回は相方と子供たちは先に帰っていたので、自分一人。

自宅を朝6時半頃出発し、ターミナル4のLong Stayの方の駐車場に着いたのが7時10分くらい。
順調である。
送迎バスで空港へ移動し、チェックインカウンターへ。

オンラインで事前にチェックインは済ませてあったので、カウンターでは荷物を預けるだけ。

さくっと手続きも終わり、セキュリティーをパスし、ゆっくりコーヒーでも飲みながら待つことに。

この時はまだゲートが表示されておらず、ヘンだなと思いつつ、仕事しながら待機。
しかし、待てども待てどもゲートが表示されず、ゲートオープンの20分前くらいで、しびれを切らし、KLMの前の便のゲートへ行って様子をうかがうことに。

すると、どうやら、前の便が遅れているらしいことに気づく。

とりあえず、カウンターにいるスタッフに状況を聞いてみると、どうもオランダが悪天候で離着陸できない状態らしく、出発が遅れてるとのこと。

ふと嫌な予感が頭をよぎる。

次の便で、しかも日本への乗り継ぎなんだけど、大丈夫?というようなことを聞くと、乗継便も遅れてるし、多分大丈夫でしょと自信たっぷりの返事が返ってきたので、とりあえず待つことに。

出発時刻の9時55分を過ぎたあたりで、やっと前の便がゲートオープンし、出発。

この時はまだのんきなことを言っていた*笑

その後も一向に状況が変わらず、ゲートオープンの予定時間がどんどん遅れていき、絶望的な感じに。。

この辺りで、今からバウチャー配りまーす!的なアナウンスがあり、気分的にそれどころじゃなかったのだけど、情報収集も兼ねて、とりあえず受け取ることにする。
その後のツイートがこちら。

半信半疑ながらも、まだ気持ちに余裕がある*笑

その後、予定のゲートオープン時間である12時40分に近づき、ゲートへ向かう。

しかし、ここからがまた長い。

ツイートはしていないが、この時、実は搭乗が開始されたのだが、10人くらい入ったところで、奥の方から係りの人が走ってきて、やっぱ中止ー!と叫び、搭乗が中止された。

どうやら、向うの天候が悪化し、急遽予定が変更されたとのこと。

おいおい。。

しかし、10分くらい経った後、再度搭乗開始の許可が下り、どないやねんと思いつつ、乗り込んだ時のツイートがこちら。

搭乗の時にも念のためスタッフに乗り継ぎ大丈夫?と確認したが、大丈夫という返事。

ただ、不安は払しょくできず、この後どうなるんだろうという不安を抱えながら、14時頃、実に4時間遅れで、ようやく経由地のアムステルダムへ飛び立った。

今度は雨?夏の大混乱・日本への一時帰国レポート(アムス乗り継ぎ編 Day 1 前半)」に続く。。

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA