[速報&重要]イギリス移民法改定のお知らせ

以前から告知されていたようだが、本日(2013年10月1日)から、イギリスの移民法(Immigration Rule)に加えられたいくつかの改定が有効になった。

英国国境局(UK Border Agency)によると、今回の変更は、イギリスにおけるビジネスおよび労働者にとっては、プラスになるとのこと。

また、旅行者やビジネスで訪英した人たちにとっても有益な変更のようである。

主な変更内容は以下の通り。

スポンサーリンク

Immigration Rule changes | UK Border Agency

まずは、ビジネス、労働者向けの改定内容について。

Intra-company transfereesに対するビザ取得要件から英語スキルが除外された

Intra-company transfereesとは、要は駐在でくるような人達のことを指すが、ビザ的にはTier 2に分類される。

Tier 2 (Intra company transfer)

で、ビザを取得する際に、これまでは英語スキルが要件としてあったのだが、本日から英語スキルが除外されるということである。
つまりVisa発行時に英語スキルは問われないということになる。
英語がダメダメな管理職が海外へ派遣されるパターンの場合、これは朗報。
それでいいのかという話もあるが。。

Graduate entrepreneursがTier2ビザを取得するのが容易になった

Graduate entrepreneursとは、企業を目指すMBAなどのビジネススクール卒業生のことで、ビザ的にはTier 1に分類される。

Tier 1 (Graduate entrepreneur)

このビザホルダーが自分で会社を起こすのではなく、普通に会社に就職しようと思った場合、Tier 2に移行する必要があるが、その敷居が下がったらしい。

シニア・スタッフに対する株の保持規制が見送られた

最初なんのことだか分からなかったが、どうやら株(share)の保持に対する規制のことらしい。
シニア・スタッフの定義がよくわからんけど。
まぁ、とりあえず見送りということなので、いいんでないかと*笑(やっぱり超適当)

Tier5の研究生に対するインターンとしての労働が許可された

Tier 5 government authorised exchange とは、大学とかの研究機関に行くような人に適用されるビザ・カテゴリ。

Tier 5 (Temporary worker – government authorised exchange)

で、このビザでも、インターンとして働けるようになったらしい。
ただ、「some students」と書いてあるのだが、その「some」が何を指すのかは謎。。
次に、旅行者、ビジネスにおけるビジター向けの改定内容について。

イギリス旅行者や仕事での訪英者に対して、主目的でない範囲で勉強することが許可された

イギリスで勉強するなら、ちゃんとそれ用のビザ(基本的には、Tier 4)を取得する必要があるのだが、旅行者やビジネスで来た人でも、それがメインでないなら、ちょっとくらい勉強してもいいということか。
観光ビザで入って、短期で語学学校行く人はかなりいると思うのだけど、まぁそれがやりやすくなったと解釈すればよいのだろうか。
別に語学という言葉はない(some study)ので、それ以外の分野(専門分野とか)でも適用可能だと思われる。

仕事での訪英者に対してイギリスにおける活動範囲が拡大された

実際、改定前にどの程度規制されていたのか知らないので、何とも言えないが、まぁ、もっと自由に動けるようになったということなのだろう。
上の改定内容とも絡んでいる気がするが、勉強以外にも、何か制約があったのかもしれない。

進学希望者ルートの廃止

Prospective studentとは、まだ学校手続きが済んでいないけど、進学を希望する人で、これまでは、Tier 4に分類されていたのだが、どうやらそのパスがなくなったらしい。
これがなぜベネフィットなのかよく分からないが、とりあえず今既にイギリスにいる人は大丈夫で、これから申請する新規の人にのみ適用される模様。
下にもう少し詳しい情報があるようだ。

Prospective students – Closed to new applicants
と、ざっとコメントしてみたが、当事者になりそうな人は、該当箇所をチェックした方がいいだろう。
全体的に今回の改訂は、どちらかというと規制緩和の方向なので、イギリスのビザを取得したい人にとっては、朗報かもしれない。

今日、イギリス日和の方で、イギリスにおける求人数が増加しているという記事を書いたが、経済が上向きなのと関連しているのだろうか。
まぁ、この移民法、コロコロと変わるので、今後も注目していきたい。
たまたまSpotifyでぶちあたって聴いてたら、聞き覚えのある口笛ソング。この曲「YOUNG FOLKS」何で使われてたっけ??
Listening to “Writer’s Block” by Peter Bjorn & John
B000FA58IE

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA