Gabyが実はレセプションでフランス語を学んでいる??

Gabyが今月からついにレセプションへ行きだした。

レセプションとは、ナーサリーとプライマリースクールの間の1年で、準備クラス的な位置づけ。

こちらでは、プライマリースクールが日本の小学校にあたるのだが、年齢的には日本より1年早く始まる。

なので、レセプションは、日本で言うところの幼稚園の年中さん?

とは言え、ナーサリーとは違い、指定の制服もあり、ぐっと「学校」感が出てくる。

そして、ちゃんと時間割もあるようだ。

昨日その時間割を見せてもらったのだが、例えば月曜日はこんな感じである。

スポンサーリンク

9:00-9:20 Gold Star Assembly
9:20-10:00 Literacy
News and Word
Building Skills
10:00-10:15 Mental Maths
10:15-10:30 Break
Snack time
10:45-11:30 Music with Mrs xxx(先生の名前)
11:30-11:45 Phonics
11:45-13:00 Lunch
13:00-13:30 Reg. and Greetings
13:30-14:00 Library
14:00-14:30 French with Madam xxx(先生の名前)
14:30-15:00 Question Time
15:20 Plenary & Story

なんか、えらいぎっしりとした時間割だなぁ。

ん・・・、ちょいと待てよ。。

フ、フ、フレンチ??

マジすか。もうフレンチすか。

英語もまだしゃべり始めたばっかりなのに。。

しかも、先生、「ミセス」じゃなくて、「マダム」て書いてあるし。。
つか、レセプションって、ナーサリーみたいに、毎日遊んでるだけかと思ってた*笑

試しに昨日風呂一緒に入ってる時に、「Gaby、毎日勉強してんの?」と聞いてみたのだが、「ううん、してない」との返し。

どういうこと??
で、今日の朝、昨日からRayが体調を壊していて、相方が家から出れず、たまたま自分がGabyをレセプションまで送って行ったので、チャンスとばかりに教室をのぞいてみた。

こんなしっかりした時間割があるので、てっきり自分の頭には日本の小学校みたいに、机がずらっと並んだ教室を想像していたのだが、実際はナーサリーとさほど変わらず、いわゆる幼稚園的な教室。

うーん、Gabyのやつ、多分勉強しているという感覚がないんだろうな。。
それで、今日またお風呂入っている時に、もう少し突っ込んで色々質問してみたら、どうやら皆で歌を歌いながらアルファベットを学んでいるようで、確かに「勉強」という感じではなさそうだった。
(軽く歌ってくれたのだが、その発音がやたら良くて、既に負けてる感あり・・)

まだまだ英語は自信ないみたいで、あまり人前ではしゃべれないようだが、1対1では結構しゃべっているようなので、時間の問題か。

とりあえず、毎日楽しそうに行って、楽しそうに戻ってくるようで、それだけでまぁ十分。
ちなみに、レセプションになると、宿題とかも出るようになるらしいが、フレンチとか宿題ないよな?とちょっぴり心配している。

果たしてついていけるのだろうか?(親が)

Listening to “Mezzanine” by Massive Attack
B000006045

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA