イビサ旅行記

念願のイビサへ!」に書いた通り、水曜から4日間イビサに行ってきた。

Twitterでもレポしたが、感想はというと、言うまでもなく、「最高」だった。

何が最高かって、とにかく気候がほんとに気持ちいいのである。

からっとした地中海性気候で、ずーっと晴れ。

天気予報必要なし。

この時期、だいたい30度くらいなのだが、適度に風が吹き、日差しは強いが気持ちいい。

これは体験しないと分からないと思うが、たとえて言うならば、、、

スポンサーリンク

ロンドンでも東京でも一年に何回か、今日は本当に気持ちいい日だなぁと思う日があると思うのだが、それが毎日続くのである。

イビサというと、日本人的なイメージだと、「クラブ天国」とか「泡パーティ」とか、だいたい夜のシーンを連想しがちだが、それは単なるひとつの側面であり、ここはれっきとしたビーチ・リゾートなのである。

そして、子連れの自分たちにとってはそちらがメインで、今回宿泊した、語学学校時代からの友人ジョワキン(の親)の別荘(フラット)も、センターから離れた北部に位置している。

今回のイビサ滞在中の一日のスケジュールを簡単に書くとこうなる。

  • 朝10時頃起床
  • 軽く朝食を済ませ、午前中部屋でうだうだ
  • 部屋で or ビーチ沿いのバーでビール飲みつつだらだらしゃべる
  • 部屋でシエスタ
  • 日差しが少し弱まった夕方4時頃からビーチに繰り出す
  • 夜8時頃までビーチかボート遊び(まだ充分明るい)
  • 部屋に戻ってシャワー
  • 夜9時半くらいからディナー(このくらいで日が暮れてくる)
  • 夜12時頃就寝

(これを毎日×4)

完全にスペイン時間で、だらだらと過ごしてしまった。

別にあえてスペイン時間に合わせたわけではないが、「自然と」こうなってしまうのである。

尚、イビサにもいくつか観光名所はあり、ワイナリーなどもあるようだが、今回は一切観光なし。センターにすら行っていない。

まぁ、そのおかげで、子供たちはかなり満喫できたようである。
(ただし、かなり夜更かしになってしまったが)

自分たちも久々にリラックスして、ゆっくりと時間を過ごせたと思う。

なんというか、普段のロンドンでの生活とは全く流れている時間が違う。

そんな時間差を楽しんだ4日間だったように思う。
・・と、これだけだとあれなので、旅行記っぽく、写真付きで簡単にレポしておく。

まず、今回宿泊した、フラットの最寄ビーチはこんな感じ。
イビサ・ビーチ1イビサ・ビーチ2イビサ・ビーチ3
それほど大きくないが、水はきれい。そこら中で魚が泳いでいるのが見えるくらい。
ただし、若干水は冷たかった。

ちなみに、このビーチだだけではないと思うが、トップレスな女性の方々がかなり多く、それはもうぷるんぷるんで非常に目のやりどころに困った。。

で、フラットはこんな感じで、バルコニーからサンセットが拝める絶好のロケーション。
直射日光もなく、窓から入ってくる風が抜群に気持ちいい。
イビサ・フラット1イビサ・フラット2イビサ・フラット3
すぐそばにはオールインクルーシブらしきホテルがあり、毎日イベントで音楽をやっているので、それをBGMにディナータイムが楽しめる。

そんなフラットのバルコニーから拝めるサンセットはこんな感じ。
イビサ・サンセット1イビサ・サンセット2イビサ・サンセット3
イビサのサンセットは世界一だという話もあるようだが、本当にきれいである。
これは写真では到底伝わらない。

ちなみに、これは別のビーチから撮ったサンセット。
イビサ・サンセット4
このビーチにはバーがあり、ここでモヒートを飲みながらサンセットを楽しむことができる。最高すぎるシチュエーションである。
イビサ・ビーチ・バー
んで、このビーチからジョワキン(の親)のボートに乗り込み、ボート遊びや、ビーチよりさらに水がきれいな穴場のスポットでのシュノーケルなども楽しませてもらった。
GabyもRayもボートを操縦させてもらったりして非常に楽しんでいたようで何より。
これは普通に旅行していたら味わえない貴重な体験である。
イビサ・ボート遊び1イビサ・ボート遊び2

ちなみに、他にもいくつかボートが停泊していて、皆日光浴などをのんびり楽しんでいたが、おもむろにジョワキンが隣のボートに乗っているトップレスの金髪美女(かどうかはっきり顔見てないので分からないけど)と話していて、こいつほんと誰とでもしゃべるなぁと思ってたら、実はその金髪美女は女優さんらしく、知り合いだったようだ。恐るべし。

ジョワキン曰く、そのスポットは、ジョワキンの両親がこの地にフラットを買った30年前からの慣れ親しんだ場所で、静かで音楽を聴きながら、たまにはウォッカを飲みながら、おしゃべりしてゆっくり過ごすお気に入りの場所らしい。

ジョワキン自体、スペイン人らしく、陽気で、ヘイ!カモン!的なノリの一緒に時間を過ごすと本当に楽しいやつなのだが、こういう空気で時間を過ごすと、こういう人間が出来上がるんだろうなと妙に納得。

こういうのを見ていると、最近経済というか国自体やばいスペインだけど、まぁ、これじゃあ仕方ないよなぁと思ってしまう。
というか、彼らと話していると、自分の人生観を見つめなおす、いいきっかけになる。

あぁ、こういうのもアリなんだなぁと。
一応、食べ物の方もレポしておくと、この地域で有名なソブラサーダSobrassada)や、スペインと言えばコレでしょ的なイベリコをしこたま頂いた。
イビサ・ソブラサーダ1イビサ・ソブラサーダ2
イギリスとかで買うと結構な値段になるので、普段結構けちって食べるのだが、こっちだとそんなのおかまいなしに、バゲットにがっつり贅沢にはさんで食べるのが普通。
イビサ・イベリコ1イビサ・イベリコ2

あと、ステファニアのお姉さんファミリーも同時期に滞在していたのだが、旦那さんがシェフらしく、イタリア本場のカルボナーラ(クリームは使わず、卵のみ)を作ってもらって、おいしく頂いた。
イビサ・カルボナーラ
使ったパルメザンが、イタリアのやつだともっと甘くておいしいのだけど・・と言っていたが充分おいしかった。

帰る日の一日前には、近くのレストランに行って、シーフード・パエリアと生ハムメロン、カラマリを堪能。
イビサ・生ハムメロンとカラマリイビサ・シーフード・パエリア

やはり、ロンドンで食べるのとは一味も二味も違っていた。

当たり前だが、本場で食べるスパニッシュの方が断然うまい。

これ食べちゃうと、ロンドンでは食べる気しなくなるな、ほんとに。
(自分で作るパエリア以外)

最高。
というわけで、そんなこんなであっという間に4日間過ぎ去ってしまったのだが、ロンドンから2時間くらいだし、毎年でも来たいなぁと思える、そんな場所だった。

ちなみに、下は、イビサの空港にあった「F*** Me I’m Famous」のラウンジ。
さすがクラブ天国、イビサ。
イビサ・空港ラウンジ

Listening to “The Ghost In Dayligh by GRAVENHURST (グレイヴンハースト)
B007BWUGU4
Spotifyにオススメされてたまたま聴いたけど、すげーかっこいいっす。

スポンサーリンク

    • ももぐらも
    • 2013年 8月 2日 5:05am

    うわあ、いいですね、私はスペインに行ったことがないから憧れます。飲みながらつまみながら海があって最高!

      • fumirock
      • 2013年 8月 2日 6:40am

      ももぐらもさん
      コメントありがとうございます。スペインいいですよ。ご飯もおいしいですし、日本人に合うと思います。
      イビサもよかったですが、バルセロナもコスタ・デル・ソルもどっちも最高でした。あと、個人的にはいつかアルハンブラ宮殿に行きたいなぁと。
      旅行先としてはイギリスよりオススメです*笑

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA