フェデラーが近所の公園に!!

現在、イギリスではイベント目白押し。

先週は競馬のロイヤルアスコット。(メインレースのゴールドカップでエリザベス女王の所有馬が優勝)
そして、今週は、グラストに全英テニス(ウィンブルドン・テニス)と大忙し。

ほんと、頚椎捻挫とかやってる場合じゃない!
(注:先週日曜日に、肩車からGaby降ろす時に、首がひっかかり、そのせいで頚椎捻挫して、会社2日ほど休んだ)

今朝のBBCの天気予報では、グラストの天気、ウィンブルドンの天気とそれぞれスポットで予報していたが、それくらいイギリスでは両方とも国民的イベントなのである。
(まぁ、ウィンブルドンは日本でもメジャーだと思うが)

それで、今日のMetroでも一面になっていたが、前回覇者のロジャー・フェデラーがウィンブルドン・テニス2回戦で敗退するという波乱。

・・・と、特にここでウィンブルドン・テニスの状況を書くつもりはないのだが、なんと今日相方が近所の公園で、そのフェデラーと遭遇したというので、それについて。

スポンサーリンク

今日会社から戻ると・・・
相方「今日フェデラーが公園にいたよ
自分「へ?何してたの?
相方「子供と遊んでた。2時間くらい。
自分「まじで!?そこの公園で?(注:目と鼻の先)」
相方「うん

ちなみに、うちは、ウィンブルドン駅が最寄(といっても徒歩15分くらいだけど)だが、実際のウィンブルドン・スタジアムがあるのは、駅2つ隣の、Southfieldという駅である。
(よく間違って来る人がいて、ウィンブルドン・スタジアムはどこですか?とか駅前で聞かれたりする)

ただ、選手自体は、ウィンブルドン近辺にも宿を取っていたりするので、恐らく、フェデラー自身、この辺に宿を取っていたのかもしれない。
(もしくはマネージャが穴場(でもないと思うんだけど)の公園を聞きつけてきたのかもしれない)
で、相方によると、いつものように近所の公園で子供を遊ばせていて、最初は誰もフェデラーの存在に気付いていなかったようだ。

それで、一緒にいたママ友が、その異変に気付いたらしい。

ママ友「あそこにいる人に、そこの人が写真を一緒に撮ってってお願いして、今はプライベートだからって断られてたよ。あれ誰か分かる?
相方「さぁ?でも季節的にウィンブルドンだし、誰かテニス選手なんじゃない?
ママ友「でも、見たことないよねぇ。あ、また誰か(写真お願いしに)行った!さっきの人に聞いてくる!
(と、さっき断られてた人に誰か聞きにいく)
ママ友「フェデラーだってぇ!!
相方「えぇぇぇーーー!!!
ママ友「いくらなんでも、フェデラーは気付くよねぇ。。
(と、ちらっとまた見る)
ママ友「わかんなーい・・・
相方「普通のおっさんだよねぇ。。。

てな感じで、全くオーラはなかったそうな。。

わざとそうしているのか、子供と遊んでいたから、普通のおっさん(注:老けてるけどまだ31歳)に見えたのかは謎だが、全く持ってフェデラーには見えなかったとのこと。
服装は、上が薄いブルーのストライプのパーカーに、下がブルーのスウェットという家からそのまま出てきました的な感じだったようだが、それもオーラ消しに一役買っていたのかもしれない。
ちなみに、フェデラーは、双子の女の子(Gabyより少し上くらい?)とマネージャか誰かおばさん?と一緒にいたようで、しばらく遊具があるところで遊んでいたらしいが、人があまりにも集まってきたので(皆、フェデラーがいる!とかでわらわらと集まってきた模様*笑)、一旦、そこから退いて、隣の芝生のグラウンドで遊んで、またしらばくしたら戻ってきたようだ。

Gabyはというと、久々に会った別のお友達と遊ぶのに必死で、フェデラーの双子ちゃんと遊ぶという貴重な機会を逸したらしい。もったいない。
写真は撮ってないの?と聞いたら、相方曰く「まぁ、子供と過ごすレアな時間だからって写真断ってたし、やめとこうかなと思って撮ってない」と。
(そもそも、相方自身、あまり有名人に興味ない)

まぁ、自分だったら一枚くらい撮ったと思うけど(というか絶対撮ってブログネタにしてる)、確かにそんなプライベートの、しかも子供と遊んでいるような写真撮っても悪いしなぁという気もする。
(周りはばしゃばしゃ遠巻きに写真撮っていたようだが・・)
その公園には、(しょぼい)テニスコートもあるのだが、最後にフェデラーがテニスコートに入り、おぉ、フェデラーのテニス教室が始まるのか!!と皆ざわざわしたらしいが、結局そのまま何もせずに出てきたらしい。

皆翻弄されまくり*笑

と、まぁ、そんな感じだったらしいのだが、昨日まさかの2回戦負けを喫したばかりで、気分が良いわけがないだろうし、たまに子供と遊ぶときくらい、そっとしといてくれよというのが正直なところだと思うが、やっぱり有名人は大変だよなぁと思った、そんな出来事だった。
(って、上記全部、相方から聞いた話でしかないんだけど)

Listening to “Shallow Bed” by Dry the River
B006VP1P8E

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA