Letter of Acceptance

(注: この記事は2015年12月に旧ブログ「Dance Dance Dance – イギリス生活奮闘記 -」から移植した記事です)

今日もお弁当を買いに行ったら、警察はいないが、来てるお弁当屋は昨日と全く同じメンツ。

ということはタレコミがあったのではなく、単純に雨の日はやらないというポリシーなのか?

ナゾは深まるばかり。

(なんのことか分からない人は、昨日の日記を参照のこと)

で、本題。

昨日、6月から通う予定のDevonの学校から、Letter of Acceptanceがメールに添付されて送られてきた。

スポンサーリンク

これは、「いつからいつまでの間、うちの学校でこの人を受け入れます。この人はこのコースを受けます」という証明書のようなもので、ビザを取る際に必要になる。

原本は別途郵送するとのこと。

ここで一つ疑問が。

まだ、お金払ってないんですけど・・・

メール本文には、支払いに関しての記述は一切ない。

あるのは、

お出迎えサービスは、車?電車?バス?
価格の比較リスト送るし、どれにするか教えてね。
あと、歓迎サービスもあるけど、どうする?
君からの返事待ってるよ!じゃあねぇ~!!

といった旨の記述があるだけ。

もしかして、既に支払ったことになってる?

いやいや、そんなわけはない。

ということで、エージェントに問い合わせておいた。

やれやれ。

(移行にあたっての一言コメント)
今となっては、この軽いノリは当たり前になってしまったけど、当時はすごいカルチャーショックを受けた覚えがある。
まだイギリスに行く前から*笑

スポンサーリンク

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。

CAPTCHA